目黒駅前アキクリニック

ブログ Blog

PRPによる肌再生治療

こんにちは、院長の秋山です。

 

今回は当院のPRP治療(再生医療)についてご紹介します。

(当院は認定再生医療等委員会による適合審査をうけ、認可を受けております)

 

PRPとは、Platelet Rich Plasma(多血小板血漿)のことです。

ご自身の血液を採血して高濃縮し、その血液を適切に処置してお悩みのある部位に戻します。

アキクリニックでは、最先端のテクノロジーを駆使した医療機器を使用し、従来PRP療法に比べ約10倍の濃度のPRP採取を実現しています。

濃縮されたPRPから様々な成長因子が放出され、コラーゲンやヒアルロン酸の産生が増加することでシワやタルミ、くぼみや肌質が改善します。

 

 

一人ひとりのしわの深さや、注入部位の皮膚の厚み、元々の肌質など、患者様の皮膚の状態を総合的に診察させていただきます。

その上でPRPの注入量や濃度、注射針の種類や注入の深さを変え、細かに調節して治療にあたります。

 

60代の方の治療例をご紹介します↓

左が治療前、右が治療直後です

 

PRP正面

 

PRP左側面

 

PRP右側面

 

 

注入部位は左右のほうれい線(ハイブリッド・プレミアムPRP)、左右の目の下(プレミアムPRP)です。

ほうれい線と、目の下の窪みが改善され、自然な若返りが得られていると思います。

 

ハイブリッド・プレミアムPRPPRPとヒアルロン酸の両方を注入する方法です。注入してすぐに効果を発揮します。

直後から3ヶ月間かけて細胞が新しく生まれ変わっていき、さらに改善していきます。

 

プレミアムPRPは直後の改善はハイブリッド・PRPと比較すると少ないですが、注入後から3ヶ月かけて新しい細胞が増えていきますので、ゆっくり改善していきます。

 

いずれの方法も注入してから3ヶ月間かけてさらに改善していきます。

 

この治療法はご自身の細胞からコラーゲンやヒアルロン酸が産生されますので、効果の持続が3~5年と長いのが特徴です。

また、ご自身の血液を使用しますので、アレルギー反応などのリスクを限りなく0に近づけることができます

 

ヒアルロン酸単独での治療との違い、

それぞれのメリットデメリットなどお伝えし、

ご相談させていただきます。

 

 

<<関連ブログ>>

しわ・たるみについて

ボトックスでしわ予防。

ヒアルロン酸で自然に美しく

しわ・たるみの治療について

しわ・たるみの治療についてパート2

ボトックス1ヶ月後

 

目黒駅前アキクリニック (品川区目黒駅西口30秒)  

事前予約はこちらから

できものの切除・手術や美容の相談など、お気軽にお越しくださいませ。ご予定がおわかりになる患者様はご予約していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

一般保険皮膚科・美容皮膚科・形成外科・小児皮膚科

院長  秋山俊洋      (学会認定皮膚科専門医・医学博士)

副院長 若林満貴(まき)  (女性医師・学会認定皮膚科専門医・医学博士)

03-5487-2525

 

 

診察の事前受付はこちら

診療案内 診療案内 - Medical Guidance -

皮膚科
保険皮膚科
美容皮膚科
美容皮膚科
形成外科
形成外科
小児皮膚科
小児皮膚科

よくあるお悩み よくあるお悩み - General trouble -

かゆみ
かゆみ
痛み
痛み
できもの
できもの・しこり
ブツブツ
ブツブツ
その他
その他

美容についてのお悩み 美容についてのお悩み - Worries about the beauty -

しみ
シミ・肝斑
しわ・たるみ
しわ・たるみ
毛穴
毛穴
ニキビ
ニキビ
その他
その他
  • フォトフェイシャル M22
  • スペクトラ
  • ウルトラフォーマー
  • ラセムド
  • ダーマペン
  • メディア掲載情報
  • ヒアルロン酸
  • ボトックス

メディカリスト