目黒駅前アキクリニック

ダーマペン4 Dermapen4

ダーマペン4(Dermapen4)

ダーマペン

医療用器具「ダーマペン4」はマルチプルニードル(16本の針)を用いて肌に微細な穴を一時的に形成し、細胞成長因子(Growth Factor)を注入する肌再生医療です。

表皮(皮膚浅層)へのダメージを抑えながら、真皮(皮膚深層)からお肌全体の若返り、ニキビ痕・傷跡修復を行うことができます。

そのため表皮にダメージを与え、熱凝固を起こすアブレイティブ・フラクショナルレーザー【スマートサイド・ドット(マドンナリフト)、CO2RE(コア)、eCO2(エコツー)等】と比較してダウンタイムが短いという利点があり、色素沈着などのトラブルを起こさずに、従来の施術同等以上の効果を出すことができます。

ノンアブレイティブ・フラクショナルレーザー(フラクセル、アファーム、スターラックス、アイコン等)よりダウンタイムは少しありますが、より良い効果が期待できます。

アキクリニックではお一人おひとりの肌状態、ニキビ・傷跡の深さなどに応じてマルチプルニードルの穿刺深度を25段階、穿刺速度を5段階調整し、より良い結果が得られるように全力を尽くしております。

ダーマペン3の穿刺深度
(ダーマペン4では更に0.2と3.0の穿刺深度が追加となりました)

ダーマペン

従来のダーマローラーと、ダーマペンの比較

ダーマペン

ダーマペン

● 痛みや出血が少なく、表皮の損傷を最小限に抑える
● 顔の輪郭に沿った操作が容易である。
● 垂直穿刺のため、針のたわむことなく、容易に瘢痕組織を貫通する。

ダーマペン

● 表皮の損傷により、出血を伴う痛みが起こる。
● 狭い範囲や湾曲した部位での操作がしにくい。
● 針がたわむため、瘢痕組織への穿刺が難しい。

ダーマペン4と、従来のダーマペンとの違い

ダーマペン4は16本に増えたニードルカードリッジにより、ダーマペン3を47.9%上回る毎秒1,920個の小孔を作成することができます。治療の効率化と時間の短縮ができ、不快感の少ない優れた小孔作成が可能となりました。
また、特許出願中の技術を搭載したダーマペン4のニードルカードリッジはこれまで実現できなかった、有効成分の優れた注入が可能になりました。

ダーマペン3にはなかった、深い跡や浅い小じわ・毛穴用のモードを搭載

ダーマペン

ダーマペン4はニキビ後瘢痕(ニキビ跡)、手術後瘢痕、熱傷瘢痕拘縮(やけど)、妊娠線(肉割れ)、目周りの小じわなど専用設定及びプロトコルを搭載している唯一のマイクロニードリングデバイスです。
ニードルの穿刺深度は最大3.0mm(瘢痕治療・STモード)にすることができ、独自技術によってモータ速度、圧力及び穿刺を自動で調整します。この革新的な設定でのニードル穿刺深度は従来のダーマペンで最も深く、厚みのある線維性組織を有効的に治療できます。目周りやデリケートゾーンの小じわや毛穴治療ではニードルの深度を0.1mm単位で治療することも可能です。

細胞成長因子(Growth Factor) とは

ダーマペン

細胞成長因子は標的細胞表面の受容体に結合することで、創傷治癒の促進、コラーゲン及びエラスチンの生成、細胞の分化及び増殖を促進します。

ダーマペンを用いて皮膚に微細な穴を開け、そこから成長因子を皮膚の内側に送り込むことで肌の若返り、毛穴、小じわ、ニキビ、ニキビ跡、妊娠線、毛孔性苔癬(二の腕等のブツブツ)、ケガの傷跡などに効果があります。

 

当院で使用する成長因子はBENEV社のGF Rejuvenating Complexで、FDAの認可設備にて製造されており、純度、安全性、効果および濃度に対する厳格な品質および安定性の実現をしたものです。

EGF(上⽪細胞成⻑因⼦)、FGF(線維芽細胞成長因子)といった細胞成⻑因⼦をはじめ、ヒアルロン酸、ビタミンC、E、B2、B3、B5、 B6、H、K、パルミトイルテトラペプチド-7が豊富に配合されており数多くの研究データが有ります。

主成分 機能
(作用)
効果
精製線維芽細胞
成長因子(FGF)
回復、修復、活性化
  • 肌のハリ、滑らかさ、水分含量、きめ、再生力に必要なコラーゲンやエラスチンを新生する線維芽細胞の合成を促進します。
  • 創傷治癒プロセスおよび肌再生時間を向上させます。
  • 治癒時間および肌再生プロセスを速めるための微小循環増強に必要な新生血管の形成に関与します。
精製上皮細胞
成長因子 (EGF)
回復、修復、再生
  • 肌の色調、きめ、モイスチャーバランスまた創傷治癒を向上させ、健康で活力のある若々しい肌つやが得られるために必要なケラチン生成細胞や線維芽細胞の合成を促進します。
  • 研究により、EGFが重度のやけどの創傷治癒プロセスを高める働きがあることが知られています。
  • 肌のストレス耐性を保つための細胞生物活性を調節する働きがあり、健康な肌機能を促進するために必要なバリア保護のバランスを保つのにも有用です。
パルミトイル
テトラペプチド-7
平滑化・再生ペプチド
  • 肌の弾力性、ハリ、色調を有意に改善します。
ビタミンC, E ビタミン
  • フリーラジカルを中和することにより、肌の治癒能力、再生能力をサポートし、早期老化を防ぐ抗酸化物質です。
ビタミン
B2, B3, B5, B6
ビタミン
  • 光老化に対する抵抗性を増強し、免疫抑制や紫外線に起因する皮膚癌を防ぐのに有用です。
  • 細胞代謝や成長因子の効果を高めます。
ビタミンH ビタミン
  • 細胞代謝や肌の健全な機能全般をサポートするためにビタミンB群とともに働きます。
ビタミンK ビタミン
  • 血流の質を高めるために毛細血管壁を強化し、むくみを抑えます。
  • 美白効果があります。
ヒアルロン酸 保湿剤、皮膚軟化剤
  • 必須細胞潤滑成分としてモイスチャーバランスを回復します。
  • 細胞伝達、細胞遊走、肌への有効成分の送達の能力を高めます。
  • 健全な細胞機能をサポートします。

ヴァンパイアフェイシャルとは

細胞成長因子(BENEV社のGF Rejuvenating Complex)の代わりにPRP(自分自身の血液を使用した、安全性の高い超高濃度血小板血漿)を使用したいわゆるヴァンパイアフェイシャルのお治療も行っております。GF Rejuvenating Complexよりもさらに効果を出すことができます。

PRPは「Platelet Rich Plasma(多血小板血漿)」の略で、血液中の血小板を多く含んだ成分のことです。 自分の血液から抽出された高濃度血小板血漿を、再び自身の皮膚に注入することで、自らの持つ創傷治癒機能を活用した細胞レベルでの肌の若返り治療です。

アメリカ食品安全局FDA(日本の厚生労働省にあたる)・ヨーロッパ安全規制CEの承認を取得している治療で、自己の血小板血漿を使い、それを加工して治療する為、感染およびアレルギー反応の出現も極めて少ない安全性の高い治療です。もともとは皮膚科の難治性皮膚潰瘍や褥瘡(床ずれ)、やけどの傷、糖尿病の方の足の壊疽、歯科の歯槽骨や歯肉の治療に使われてきました。その他、プロスポーツ選手の関節治療にも使用されています。

加工後、皮膚に注入された血小板からは様々な成長因子が放出され、コラーゲンやヒアルロン酸の産生が増加し、小じわやニキビ・ニキビ跡、毛穴、老化した肌の細胞の修復(再生)、肌のテクスチャーが改善します。

PRP治療の流れ

治療は採血をした後、機械でPRPを精製するものですので、お手軽に行うことができます。当院の使用しているPRPキットでは、通常のキットの7~9倍の血小板濃縮率が得られ、より効果を発揮します。

ヒアルロン酸注射・注入の方法

治療効果

    適応と効果

    • ニキビ、ニキビ跡・瘢痕
    • 肌のハリ、若返り
    • 毛穴、しわ、小じわの改善
    • ストレッチマーク(妊娠線)、肉割れの改善
    • 毛孔性苔癬(二の腕等のブツブツ)
    • 傷跡、ヤケドの跡の改善
    • 脱毛症治療

症例写真

にきび改善例
  • ダーマペン 症例写真 治療前
  • ダーマペン 症例写真 治療後

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

にきび痕・クレーター改善例
  • ダーマペン 症例写真 治療前
  • ダーマペン 症例写真 治療後 (3週間毎に5回)

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

にきび痕・クレーター改善例
  • ダーマペン 症例写真 右頬術前:女性
  • ダーマペン 症例写真 5回治療後

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

にきび痕・クレーター改善例
  • ダーマペン 症例写真 左頬術前:女性
  • ダーマペン 症例写真 5回治療後

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

にきび痕・クレーター改善例
  • ダーマペン 症例写真 右頬術前:男性
  • ダーマペン 症例写真 10回治療後

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

肌質・ハリ・毛穴・しわ改善例
  • ダーマペン 症例写真 治療前
  • ダーマペン 症例写真 治療後

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

肌質・ハリ・しわ改善例
  • ダーマペン 症例写真 治療前
  • ダーマペン 症例写真 治療後

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

目周りの小じわ改善例
  • ダーマペン 症例写真 治療前
  • ダーマペン 症例写真 治療後

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

妊娠線改善例
  • ダーマペン 症例写真 治療前
  • ダーマペン 症例写真 治療後 (1ヶ月毎に3回の治療)

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

やけどの傷跡・瘢痕改善例 

3週間毎に5回の治療

主な副作用:数日間の赤み、ひりつき

よくあるご質問

治療に痛みはありますか?
麻酔のクリームを塗布してから施術に入りますので、痛みを緩和できます。
実際の効果を教えてください。
多くの方が、1回の治療で効果を実感できます。回数を重ねる毎にさらによい結果を出すことができます。治療間隔は1ヶ月が目安です。
ダウンタイムはどのくらいですか?
施術の直後から赤みがしばらく持続します。生活スタイルに合わせたダウンタイムを設定することができます。1日~4日が目安です。
メイクはしてもいいですか?
施術当日、翌日のメイクは控えていただくようお願いしております。
アフターケアは?
施術部位に軟膏を1日2回外用してください。赤みが落ち着くまでは、化粧水・乳液・美容液など普段のスキンケアはお控えください。また、直射日光や強い摩擦は避けてください。

当院では治療効果を更に高めるためのスキンケア用品などを取り揃えております。より詳しいご説明などは、医師、スタッフへお問合せください。

料金について

部位 回数/用量 価格(円)
ダーマペン+成長因子導入 鼻 or
両目尻 or
5×4cmのポイント
1 22,800
3 61,560
5 91,200
10 171,000
額 or
顎 or
顎裏
1 28,000
3 75,600
5 112,000
10 210,000
両頬 1 31,800
3 85,860
5 127,200
10 238,500
顔全体 1 48,000
3 129,600
5 192,000
10 360,000
毛孔性苔癬
二の腕(両側)or
膝から下(両側)
1 50,000
3 135,000
5 200,000
10 375,000
妊娠線、肉割れ、ストレッチマーク 1 50,000
3 135,000
5 200,000
10 375,000

詳しくは、料金表ページをご覧ください。

診察の事前受付はこちら

診療案内 診療案内 - Medical Guidance -

皮膚科
保険皮膚科
美容皮膚科
美容皮膚科
形成外科
形成外科
小児皮膚科
小児皮膚科

よくあるお悩み よくあるお悩み - General trouble -

かゆみ
かゆみ
痛み
痛み
できもの
できもの・しこり
ブツブツ
ブツブツ
その他
その他

美容についてのお悩み 美容についてのお悩み - Worries about the beauty -

シミ・肝斑
シミ・肝斑
しわ・たるみ
しわ・たるみ
毛穴
毛穴
ニキビ
ニキビ
その他
その他
  • フォトフェイシャル M22
  • スペクトラ(Spectra)
  • ライトシェアデュエット(LightSheer Duet)
  • ウルトラフォーマー(Ultraformer)
  • トゥルースカルプ フレックス(truSculpt flex)
  • ラセムド(Lasemd)
  • ダーマペン4(Dermapen4)
  • PRP(高濃度血小板血漿)
  • メディア掲載情報
  • ヒアルロン酸
  • ボトックス
  • インスタグラム
  • WEBショップ

メディカリスト