目黒駅前アキクリニック

できもの・しこり Boil - lump

にきび(痤瘡、ざそう、アクネ)acne、pimple

にきびについて

にきびには、毛穴つまり(面靤)、赤にきび、白にきび、黒にきびと、たくさんの種類があります。集簇性ざ瘡といって、赤いしこりが顔にたくさんできることもあります。にきびで問題になるのは、ぶつぶつができるだけでなく、アクネスカーと呼ばれる、クレーター状にへこんだニキビ跡や、赤みや色素沈着が残ってしまうことです。

こういった症状を起こさないためにも、にきびは早期に治療を開始することが重要です。昔は、にきびは青春のシンボルといわれていましたが、実際には小学校高学年から大人まで、あらゆる年代でみられます。特に大人のにきびは急激に増えており、治りにくいことでも知られています。この背景には時代に伴う生活習慣や食生活の変化などが挙げられます。

治療について

保険診療では、近年、にきびの新しい塗り薬が認可され、以前よりも効果的な薬が使用できるようになりました。これまで、ダラシンやアクアチムなどの抗菌剤で効果をいまいち感じられなかった方や、ディフェリンゲルで皮がむけてしまい使用できなかったという方にも、効果をご実感頂けるのではないかと思います。

また、ホルモンバランスの崩れによるにきびでお悩みの方には、ホルモンバランスを整える漢方薬を内服することでにきびを治すだけではなく、再発を防ぐことができます(漢方は保険で処方できます)。大きく腫れてしまった場合は、膿を圧出する処置を行ったり、炎症をとるための注射を直接患部に行うことにより、なるべく短期間で治るようご提案させて頂きます。

そのほか、にきびに効果的なスキンケア用品も取り扱っております。また、保険治療では効果を実感できなかった難治性にきびでお困りの方、より短期間で、キレイに治したい方には、自費の美容皮膚科の治療をご案内致します。サリチル酸ケミカルピーリング(サリチル酸は医療機関でのみ取り扱えるピーリングです。)・イオン導入・ラセムド・LED治療・にきび注射・プラセンタ注射、プラセンタ内服・ビタミンA内服(イソトレチノイン、ロアキュタン)・にきび用フィルターを用いたフォトフェイシャル(IPL)・レーザーフェイシャル・ダーマペンなど、一人ひとりの症状に合った治療を提案させていただきます。

にきびダニ(毛包虫性痤瘡)acne demodecica

にきびダニについて

見た目は普通のにきびに似ていますが、顕微鏡で見るとにきびを引き起こす小さなダニが毛穴で増殖して悪さをしている場合があります。特に成人の女性でなかなか治らないにきびはにきびダニの可能性がありますので、通常のにきびとは異なる治療をする必要があります。

手足のイボ(尋常性疣贅)common wart

手足のイボについて

尋常性疣贅 尋常性疣贅 足底

尋常性疣贅 尋常性疣贅 顔

粘液嚢腫 手指 粘液嚢腫 手指

イボの原因には、ウィルスによるもの、紫外線によるもの、加齢現象など様々なものがあります。ダーモスコピーという機器できちんと診断を行い、イボの種類や、患者様の生活スタイルに合った治療法を提案させていただきます。

治療について

基本的な治療は、液体窒素という、-196℃の液体を患部につける冷凍凝固療法という治療です。1週間に1回通って頂く従来の冷凍凝固療法に加え、塗り薬(オキサロール、モノクロール酢酸)、貼り薬(硝酸銀、スピール膏)、飲み薬(ヨクイニン)、削り取る方法など様々な選択肢があります。今までなかなか治らなかったイボもお任せください。

うおの目(鶏眼)corn  たこ(胼胝)callus

うおの目、たこについて

うおの目、たこは主に足の裏の、体重がかかる部位にできます。腰痛や、ケガなどで歩き方が変わると、足の裏や足の指への荷重が変わり、今までできなかった部位にできることがあります。

治療について

アキクリニックでは、うおの目、たこを取り除く処置を行っております。うおの目の芯や、たこの厚みを取り除くだけの簡単な処置で、今までの痛みから開放されます。出血もありませんし、処置中の痛みもほとんどありませんので、お気軽にご相談下さい。

また、お子様の「うおの目」「たこ」はウィルス性のイボ(尋常性疣贅)であることも多く、その場合は治療法が異なります。ウイルス感染により、他の部位にうつってしまうことがありますので、お早めの治療開始をおすすめしております。

粉瘤(表皮囊腫)epidermal cyst、atheroma

粉瘤(表皮囊腫)について

炎症性粉瘤 左頬部 炎症性粉瘤 左頬部

炎症性粉瘤 耳後部 炎症性粉瘤 耳後部

粉瘤は、アテローム(アテローマ)とも呼ばれます。皮膚の下にできる半球状のしこりで、皮膚科で一番多く見られる「できもの」といっても過言ではありません。

粉瘤は、皮膚の下に袋状の構造物ができてしまった結果、その袋の中に皮脂や古い角質が溜まってできた良性の腫瘍です。袋の中に、皮脂や角質がどんどん溜まり大きくなることもあります。体のどこにでも生じますが、耳の裏や頬、首、胸や背中などによく見られます。

しこりの中央部に黒い点がみえることがあり、ここから時に臭くてどろどろした物質が出てくることがあります。ほおっておくと、皮膚の表面からバイ菌が感染し、痛みを伴って赤く腫れることもあります。

治療について

感染を起こして腫れたしこりの場合は、局所麻酔をして膿を皮膚の外へ出し、キレイに洗浄して抗生物質の飲み薬で治療します。炎症がないしこりの場合、皮膚の下にできた粉瘤の袋ごと取り除く手術を行います。

一般的な手術法では、しこりの直径の3倍の傷跡(5cmの粉瘤だと15cmの傷跡)が残りますが、当院では、傷跡が目立たない「へそ抜き法/くりぬき法」を積極的に行っています。へそ抜き法/くりぬき法は、皮膚に数mmの切開を入れるだけの手術です。再発を予防するためにも、手術で袋ごと取り切ることが一番確実な治療となります。私は粉瘤の手術を年間200件以上行ってきました。手術をご希望の方は、安心してお任せ下さい。

症例写真

  • 粉瘤@鎖骨部  粉瘤@鎖骨部 
  • 手術直後 2mmの穴から粉瘤を取り出します。
この後、傷口を縫うので更に小さな傷となります。 手術直後 

2mmの穴から粉瘤を取り出します。
この後、傷口を縫うので更に小さな傷となります。

  • 粉瘤@背部 粉瘤@背部
  • 手術直後 手術直後

直径3mmの小さい穴から、粉瘤を取り残すことなく治療できます。
傷跡は塞がって更に小さくなります。

ほくろ(色素性母斑)nevus pigmentosus、mole

ほくろ(色素性母斑)について

色素性母斑 顔 色素性母斑 顔

一見、ほくろに見えるできものでも、基底細胞癌や悪性黒色腫(メラノーマ)という悪性の皮膚癌が潜んでいる場合があります。少しでも不安になったら自己判断をせず、良性のほくろかどうかの診断を受けることをおすすめします。アキクリニックでは、ダーモスコピーという機器を使用して、ほくろや皮膚癌などの診断を行っております。

治療について

引っかかるほくろで日常生活に支障をきたす場合や、悪性のほくろや癌が疑われる場合、保険適応で切除することが可能です。切除したほくろは病理検査を行い、良性なのか悪性なのかの確定診断を行っております。

その他、顔(目回り、唇を含む)、体、髪の毛の中などのほくろなどを、よりキレイに取り除きたい場合には、各種レーザーでの治療が可能です。手術に比べると、さらに傷跡が目立たず仕上がりもキレイです。

症例写真

  • ほくろ@鼻翼 ほくろ@鼻翼
  • 2週間後 2週間後

皮膚腫瘍skin tumor

皮膚腫瘍について

脂肪腫 肩 脂肪腫 肩

皮膚線維腫 上腕 皮膚線維腫 上腕

皮膚腫瘍には、良性のものから悪性のものまで、様々な腫瘍があります。粉瘤やほくろ、脂肪腫のほか、静脈湖や石灰化上皮腫、血管拡張性肉芽腫、皮膚線維腫などさまざまな腫瘍に対応しています。

一つだけしこりのようにできる腫瘍もあれば、小さなぶつぶつがたくさんできる皮膚腫瘍もあります。腫瘍の色や形も多種多様です。湿疹と言われて長年治療しているがよくならない、という場合、悪性の皮膚腫瘍の可能性もあります。

治療について

視診や触診のほか、ダーモスコピー、皮膚生検などを行い詳しく検査を行っていきます。当院での治療が難しいと判断した場合には大学病院などをご紹介させていただくこともあります。何か変だなと思ったら、どんな些細なことでも構いませんのでご相談ください。

ケロイド・肥厚性瘢痕keloid、hypertrophic scar

ケロイド・肥厚性瘢痕について

ケロイド・ ケロイド 上腕

ケロイドと肥厚性瘢痕は大きなくくりでは同様の疾患です。赤く、盛り上がって、ひきつれたりして痛みがあるものもあります。

にきびや虫刺され、ちょっとしたキズ、手術後の傷跡などから生じます。胸、顎、肩、耳などによく見られます。最近ではピアス後のケロイドが増えています。

治療について

治療はケロイドへ直接薬剤(ステロイド)を注射する方法、塗り薬、貼り薬、飲み薬(リザベン)、漢方薬(柴苓湯など)などのほかに、必要に応じて手術療法、レーザー照射を組み合わせることがあります。

脂漏性角化症(老人性いぼ、老人性疣贅)seborrheic keratosis

脂漏性角化症(老人性いぼ、老人性疣贅)について

脂漏性角化症(老人性いぼ、老人性疣贅)) 脂漏性角化症 顔面

主に顔にできる、ややもりあがった黒褐色のざらざらしたできものです。原因は幼少期から浴びている紫外線によるダメージの蓄積と考えられており、「老人性」という名前がついていますが、20代でもよく見られます。脂漏性角化症があると無いとでは、お顔の雰囲気がだいぶ変わり、治療すると若々しくなります。

治療について

治療は液体窒素で取る方法(保険治療)と、炭酸ガスレーザーQスイッチレーザーで取る方法があります。大きさや、盛り上がり方、また生活スタイル、ご予算などに合わせて、適切な治療法をご提案します。液体窒素は1週間に1回の通院治療が必要なこと、治療部位に色素沈着を残しやすいことから、1回の治療で、キレイに終えたい方にはレーザー治療をご案内しています。

症例写真

  • フォトフェイシャルM22 症例写真 炭酸ガスレーザー照射前
  • フォトフェイシャルM22 症例写真 1回照射10日後

1回でキレイに取れます。赤みは次第に引いてきます。

軟性線維腫(アクロコルドン、スキンタッグ、首イボ)soft fibroma

軟性線維腫(アクロコルドン、スキンタッグ、首イボ)について

皮膚と同じ色の、やわらかいできもので、平らなものから、飛び出しているものまで様々な形があります。首やデコルテ、わきなどによく見られます。

治療について

アキクリニックでは、炭酸ガスレーザーで傷や色素沈着を残さずに取る方法のほか、切除法、液体窒素なども行っております。顎から下のイボの場合、液体窒素での治療は皮膚の構造上、色素沈着を残しやすいためレーザーや切除法をおすすめしています。

症例写真

  • 皮膚腫瘍で使用 軟性線維腫@背部術前 軟性線維腫 背部術前
  • 皮膚腫瘍で使用 軟性線維腫@背部術後 軟性線維腫 背部術後
  • 炭酸ガスレーザー 症例写真 炭酸ガスレーザー照射前
  • 炭酸ガスレーザー 症例写真 1回照1ヶ月後

1回でキレイに取れます。色素沈着を残さないように微調節して照射するのがポイントです。

診察の事前受付はこちら

診療案内 診療案内 - Medical Guidance -

皮膚科
保険皮膚科
美容皮膚科
美容皮膚科
形成外科
形成外科
小児皮膚科
小児皮膚科

よくあるお悩み よくあるお悩み - General trouble -

かゆみ
かゆみ
痛み
痛み
できもの
できもの・しこり
ブツブツ
ブツブツ
その他
その他

美容についてのお悩み 美容についてのお悩み - Worries about the beauty -

シミ・肝斑
シミ・肝斑
しわ・たるみ
しわ・たるみ
毛穴
毛穴
ニキビ
ニキビ
その他
その他
  • フォトフェイシャル M22
  • スペクトラ
  • ウルトラフォーマー
  • ラセムド
  • ダーマペン
  • メディア掲載情報
  • ヒアルロン酸
  • ボトックス

メディカリスト